THE STORIES

"THE STORIES は世界中で起きているかもしれない出来事を紹介し続けるだろう" - 管理人

512-pictogram-illustration

死亡者の眠る棺の前では、ある1人の男が泣いていた
「兄貴、兄貴はまだこれからだったのに...」
すすり泣きが通夜の席に響いた
死んだ男の名は、ユニバーサル・ヨシダ、本名、吉田輝夫
55才で不運にも事故死し、今までは売れないコメディアンだった

彼が売れないわけは、持ちギャグがあまりにも意味不明でつまらないものだったからだ
そして彼にはほとんど人望がなく、コメエィアンとして貫いてきたのにも関わらず、通夜に来たのはたった1人の後輩だけで、その後輩の男も4年前にコメディアンをあきらめて、今はTVスタッフとして勤務している一般人だった

「兄貴は必ずTVに出る、そう言ってたのに...」
男はそう言う
「1度もTVに出られないままじゃ、あの世へにも行けないだろう...俺が出世したらどんどん兄貴にオファーを出すっていう話、どうなったんですか...」
その時、ポケットの携帯電話が鳴った
「はい」
男が電話に出ると、
「明日の小道具は見つかった?」
相手が質問した
男が「まだです」と言うと、相手は困り果てた
電話を終えた男は、
「...こんな時にも仕事かよ、もういらない、」
男は棺の中の白い顔にそう呟いた
「兄貴をTVで見るっていう夢、叶えられないならば、この仕事もやめてやる...」
その時だった
彼の中にある考えが出てきた、自分で自分に確かめるように、「やれる...これでやれるぞ」
男の手が震える、彼はヨシダに手を置き、こう言った
「兄貴、夢を叶えにいきましょう」

その翌日にスペシャル番組の生放送が行われ、お化け屋敷のコースをアイドルらが競争するという企画物で、めでたくユニバーサル・ヨシダはTVデビューした

しかし、一部の本当の死体だと気づいたTVスタッフ、視聴者から、彼が猛バッシングにあうことになる...

ー END ー

publicdomainq-0001374zhc

ある家族に、赤ん坊が生まれた
最初は、彼は乳を飲んでいるか、眠っているかのどちらかであったが、すぐに覚醒時間も増え、周りをキョロキョロとみていることが多くなった

「何を見てるのかしらねぇ」

彼のことが可愛くてたまらない母親が言った

「パパのことを見てるのか?いつもたかいたかいしてあげてるからなぁ、パパのことが大好きなんだ」

赤ん坊の誕生を誰よりも喜んでいる父親が言った

「ううん、わたしのこと見てるんだって」

すると、自慢げに女の子が言った

「だって、わたしお姉ちゃんだから、毎日歌を歌ってあげてるんだよ」
「僕だって遊んでるもん」

「見て」

母親がやさしくそう言い、赤ん坊を抱きあげた

「ボク、みんなが大好きだよーって」
「ぶう、ぶう」

赤ん坊は何かを言った

「ほらね、そう言った」

母親がそう言い笑うと、本当だねと他の3人も笑った

しかし本当のところは、赤ん坊の思惑は他にあった
最近、彼が懸命に見ているのは、自分が誕生したこの「世界」というものだった、生まれたからには、この「世界」で1番になってみせる、彼は赤ん坊にして偉大な志を持っていた
しかし、どうやらこの世界には様々な人間がいるらしい、その中で自分はどれくらいの立ち位置につけているだろうか、赤ん坊は考えた
この3人といると楽しい、いい気分だ、多分これから先も頭が上がらない
ということは彼らの下の僕は4位
1番になれるに越したことはないけども、世界4位ってのもなかなか凄いことなんだぞーーそう思いつつ、眠りについた赤ん坊であった

ー END ー

20160107小屋

韓国釜山の山小屋でのある日、親戚とのパーティーを終えたイは泥酔しきって小屋から足を出し寝込んでいた、過去の記憶がゆらゆらと頭の中を這い回る

彼は地元では名の知れたトンスル・テイスティングの達人だ、地元のトンスル愛好家らはこぞって彼の意見を聞きたがる、幼いころから親の目を盗んではトンスルをつまんでいた彼の感覚は誰よりも優れていると言っても過言ではないだろう
「間違いない、彼は天才だ」と今でこそ評価されてはいるが、過去の彼は決して周囲から高く評価されるような人間ではなかった

テイスティングのプロとして名を馳せる前は一晩中ネットカフェに籠り、PCゲームをしていた
周りとの連絡はせず、彼の生活はトンスルとPCゲームだけになっていた
トンスルの発する臭いが原因となり、頻繁に店から出入り禁止を言い渡されていた、その度に彼は店側とトラブルになっていた

彼にとって思い出したくない過去であったが、嫌でも思い出してしまうイであった
目を覚ましたイは人里離れた山奥にの静けさに包まれた空間に喜びを覚え、大声を上げ山を駆け下りていった...

数時間後、山奥で遭難した裸のイは、駆け付けた警察官に取り押さえられてしまう
ハイキング客に通報をされてしまったことを知らずに遭難から助けてくれたと感謝するイであったがあえなく逮捕されてしまう

"トンスル・テイスティングの天才とバカは紙一重なのかもしれない..."

ー END ー

このページのトップヘ